ナンパコッタ

例えばそんなナンパ

初めてのギラ

ギラといえばドラクエだか、勿論そのギラではない。ナンパ師用語のギラだ。しかしこの手の語源って誰が言い出しっぺなのか気になるところだが、まぁそれはいいや。俺がギラを意識して使った話をしようか。


俺がストリートに初めて出たのは2016年初夏
街の置物に何度かなり、これでは埒が明かないと思い最初の経験としてネトナンを選んだ。今思うと愚策だったのだが、当時しばらく女関係から離れていた身としては会話だけでいいから慣れたかったのだろう。

某ペアーズに登録して、いくつかのマッチングを繰り返しアポを取り付ける、なんてことはない、こんなにも便利なツールが最近は出ていることに驚いた。従来の暇つぶし程度にやってる出合い系と違い、Facebookなどと連動してるから安心安全なイメージもあるせいか女の子も出会いを真剣に求め登録してる印象が強かった。

そんなこんなでアポ当日。ある程度の食いつきを感じていたが、電話によるスクリーニングやエロ方面にはもっていく頭はまだなく、素のままでのアポ

「何とかなるだろ」

そんな甘っちょろい感じだった。
相手の服装を聞き、新宿駅で待つ。
女の子と会ったり喋ったりすることに緊張はないが、こと出合い系のファーストコンタクトは緊張する、ネットで出合いをした人なら分かるだろうが、稀にモンスターを召喚してしまうことがある。(正確には稀ではない)過去召喚してしまってモンスターの光景が、トラウマが、フラッシュバックする。嫌な汗を背中に感じる、もはやPTSD

人が前を通るたびにビクビクする。

みつけた。


そう俺に声を掛けたのはまぁ普通の女の子だった。
ガッカリするレベルではないので安心した
そしてかなり胸が大きい。

ちょっとした自己紹介をして
喫茶店にでも入るかということで歩く。

ここで一つの懸念材料が生まれる
(喫茶店?喫茶店じゃ和むことしかできないぞ?とにかく個室に入らないと・・・)
数ヶ月ナンパブログを読み漁っていた俺は無駄に知識量だけは増えて、とにかく個室打診が勝負の鍵を握ることは理解していた、センターラインからボールを運んでゴールに入れるより、セットプレーで狙った方が早いイメージだ。だが初心者の俺はビビったね、初めて会う人をカラオケ打診するにはどうしたらいいか?すでに喫茶点と明示しているのにどうやって変えるか?、、歩きながらテキトーな話をしながら悩む、今思うと「やっぱカラオケ行こや?」って言えばいいだけの話だが、不自然じゃないか?相手がどう思うか?カラオケは嫌って言われたらどう切り返すかとか色んな事を考えていたんだと思う。

悩んだ挙句「てか、カラオケいかない?なんか軽食とかも食いたいし、喫茶店ってないやん?ケーキくらいしか?」

女「いいですよ、私あんまり歌わないですけど」

俺「うん、俺もカラオケあんま歌わないから平気」
個室打診成功。ホットする
室内に入り、ドリンクとピザを頼む

さて和みだ、ネトナンの場合ある程度の和みは出来ているため、それをベースに取り留めのない話をして緊張をお互い解してく、ストよりだいぶ気が楽。
いくつかの趣味の共通点があり、それを深堀したり相談にのる、30~40分がたって、フェーズシフト
恋愛トークに移り雰囲気を変えていく、駆け出しの俺に攻めのトークなどできる訳もないので、質問→膨らませ→弄るといった形で話を展開していた、アクションはオーバー、相手の目を見てなどこれと言ったテクニックなどはない。


さて、ここからが未知の領域
ギラだ、僕はチャラ男ではなかったので初日に付き合ってもない女の子に手を出すということは数える程しかやってこなかったし、それを意識して、昼に、シラフでやることは今までに1度もない。

ジリジリと近すぎ相手のすぐ隣というポジションはキープしていた、(さて、ここからだ。。)
ある程度の食いつきはあった、問題はどういくか?
女の子にボディタッチする場合、自然な流れでするタッチや理由付けが必要になってくる、例えば道路で危ないよ、とか、こっちだよっていう時に軽く手を引いたり、背中を押す行為。脈絡もなく触ると警戒心が上がるためお勧めしない。

いくつかのルーティンで触ることにする
てか!二の腕柔らかそうだね?プニプニ!
てか!手綺麗だね?
てか!手相がアレだね!
てか!このアクセ可愛いね!
てか!いい匂いするね!

ルーティン「てか!」である。

間違ってもアクセサリールーティンとかフレグランスルーティンではない。

そんなこんなんで相手の首もとまで辿り着き
キス。

若干驚かれるも強い拒否反応はないので胸に手を出すとグダ

「いやいやいやいや笑」

即系でない限り当然の反応だ、ここから少し距離を取り、ぐだ崩しを始める、もちろんこの手のグダは崩したことはないので例を出しながら説得だ。

1.フレンドリーな関係になりたい訳ではない。

2.相性って匂いが大事らしいよ、近くで匂いを嗅いで臭かったらどうする?

正直覚えてないがこんな適当な内容だと思う。
何を話すかより、どう話すか、これに尽きる。

もっともらしいことを熱意を込めて言う、中身は重要じゃない、演技力が試される。

「ううん、まぁ、そうかも・・・」

勝った!
よく分からないけど納得してるから
心理誘導が成功したらしい。

現在ならここで畳み掛けるが、カラオケのなか弾丸などひよってしまい、テキトーにキスして退出。

その後、女から「なんかお腹すいた、軽食(マック)とかでいいから食べたい」

と言ってきた、脳裏に浮かんだのはテイクアウトでマックを買って直ホ。

(いや無理だ、どんな風に誘うのか想像ができない)

ということで、雰囲気良さげな個室居酒屋in。

酒を飲みながら、相手の情報を聞き出し、面白おかしく変換する。


トイレ行かせ、会計を済まし。
外に出てハンドテスト、
成功。

「まだ時間平気?」と聞く必要もさしてないことを一応聞いて「終電で帰れればいい」とのこと。

確定

ホテルまで手を引いていき

即。



ここまでが俺の初即(ネトナン)の流れだが

初日ギラに対して結構な恐怖があったが、きちんとした食いつきと雰囲気作りをして段階を踏めば、極端な拒否反応はでないし、危険はないという経験ができた。その後多少ルートは変えるがネトナンで20~即程度稼ぎ、ストリート編に移ることになる。